【株式会社サイバーエージェント】広告志望者は必須! 一緒に切磋琢磨できる仲間がほしい方は必見! 本当に大変な1週間だったけど、一番学んだ1週間でもあった。|インターンシップJAPAN

株式会社サイバーエージェント

業界 IT/Web インターン体験談数 9件
HP https://www.cyberagent.co.jp/
  • TOP
  • インターン体験談

広告志望者は必須! 一緒に切磋琢磨できる仲間がほしい方は必見! 本当に大変な1週間だったけど、一番学んだ1週間でもあった。

サイバーエージェント インターン(総合職)

ライタープロフィール

所属
早稲田大学教育学部(文系/女性)
学生時代やっていたこと
1~4年はずっとテニスサークルに所属しています。
また1年生から現在まで塾講師のアルバイトをしていますが、現在は掛け持ちで内定先でアルバイトも行っています。
趣味はゆずやいきものがかりなど多くのアーティストのライブに行くことと国内外問わず旅行に行くことです。

エントリーシートについて

エントリーシートの質問は

1. これまでのあなたの「チャレンジ経験」をできるだけ具体的にエピソードを交えて教えてください。
2. 新しいネットビジネスを始めるとしたら、どのようなビジネス・サービスを考えますか。
3. 社会人3年目のビジョンは何か。なぜそのビジョンを設定したか。
4. 将来( )歳のビジョンは何か。なぜそのビジョンを設定したか。(歳は自分で設定)
上記4つの質問は字数制限がなく、枠を埋めれば良いというものでした。

さらに以下の問題もありました。
1. 在学中の主な勉強・研究内容のテーマを専門外の人にも分かるように説明して下さい。150文字以内
2. インターンに期待すること

筆記試験について

スケジュールと内容

筆記試験はありません

面接について

1次面接の内容

1次面接はグループディスカッションでした。
グループでまず自分はこういう人間だということを自己PRも兼ねて伝えます。その後に、「社会人として必要なもの」をグループで話し合い、一つのまとまった結論に導き、人事の前で発表します。実際の話し合いの課程から発表までずっと監視され、評価対象になっていると思います。

2次面接の内容

次に面接だったのですが、私は1回のみ面接を行い参加することができました。一方で、2回の面接を経て参加している人もいました。
人によって面接する回数が違ったようです。

面接の形式は、面接官1人対2人でした。内容はいたってシンプルで、学生時代頑張ったことやエントリーシートに基づいた質問をしてきました。

また、私の場合帰国子女でアメリカに16年間もいたため、アメリカでどのようなことをしていたのかなど聞かれました。

その他

面接中上手く話せず完全に自分は落ちたと思っていたのですが、受かっていたので、話の上手さで判断せずに人として採用してくれる会社なのだと強く感じました。

当日のプログラムについて

いつ開催されたインターンシップですか?

2013年8月

報酬について

交通費のみ

どんな内容でしたか

1日目

1日目はインターンメンバーとの自己紹介と広告業界についてのレクチャーを受けました。また、インターンのお題について発表されました。ある商品の広告立案をせよという題目でした。

2日目

2日目以降も必ず1時間の枠で誰かしら社員の方のレクチャーの時間が設けられていました。最先端のテクノロジーやインターネットメディア、CMなどについてのレクチャを受けました。

レクチャ以外では基本自分のグループと一緒にその商品についてリサーチし、どのような広告を立案するか話し合いながら形にしていきました。ところどころでメンターや他の社員と会う時間を設け、色々アドバイスをしていただいたことをもとに議論を進めていました。

どんな人(どんな層)がうけていましたか

文系7割くらいでMARCH以上の学生がほとんどでした。
しかし進路に関しては皆バラバラで広告業界に進みたいという人は逆にそんなにいなかったです。

インターンのこっそり裏話

インターンシップに参加すること自体にインセンティブはないが、優勝したチームは豪華ディナーに連れて行

株式会社サイバーエージェントのインターン体験談をもっと読む

  • TOP
  • インターン体験談