【日本放送協会】本気でジャーナリストを目指すなら、行って損はしないはずです。|インターンシップJAPAN

日本放送協会

業界 映像 インターン体験談数 2件
  • TOP
  • インターン体験談

本気でジャーナリストを目指すなら、行って損はしないはずです。

サマーインターン(その他)

ライタープロフィール

所属
早稲田大学 法学部(文系/男性)
学生時代やっていたこと
雑誌製作を行っていました。ゼロから団体を作って、企画から取材、校了まで編集長として携わりました。また、長年続けていた柔道も継続していました。

エントリーシートについて

エントリーシートの質問は

・志望理由(300文字)
・関心を持った社会的なできごと(300文字)
・報道番組について自由に記述(300文字)
・打ち込んでいる事(300文字)
・取材したいこと(800文字・作文)

筆記試験について

スケジュールと内容

形式

なし

面接について

1次面接の内容

なし

当日のプログラムについて

いつ開催されたインターンシップですか?

2014年8月

報酬について

交通費のみ支給です。

どんな内容でしたか

ニュースウォッチ9の大越さんが講演してくれた。(今年度で降板になったが。)実際に生放送の現場に立ち会った。女子アナと会える。6時のニュース、7時のニュース、9時のニュースどれに立ち会うか選べる。

2日目:研修センターで模擬記者会見。撮影と記者質問の二班に分かれる。猟奇殺人が発生し、警察署で副署長による会見が開かれるという設定だった。

3日目:研修センターで模擬記者会見。前日と違う班で実習。

4日目:千葉の幕張メッセでNHK主催の宇宙博を取材。実際に訪れた方に話を聞き、原稿にまとめる。千葉支局で社員の方に添削してもらえる。

5日目:記者クラブに行き話を聞く。証券取引所内にある記者クラブに行った。その後全体の振り返り。若手社員との座談会。5名ほど来てくれて順番に籍を回って話を聞いた。

その後懇親会で人事の方や座談会後残ってくれた社員の方と歓談。

どんな人(どんな層)がうけていましたか

早稲田の学生がやたら多かった。ほかは東大、慶応、一橋。それ以外は稀だが0ではなかったので単純に上位校の学生が他校より優秀なだけだったと思われる。民放よりやはり公共の利益に貢献したい思いを持っている学生が多くいたように思う。

インターンのこっそり裏話

NHKの団体上の性格からして、おそらく本選考での優遇はない。選考のポイントとしては、面接がないので作文

日本放送協会のインターン体験談をもっと読む

  • TOP
  • インターン体験談