【有限会社共楽堂】和菓子屋さんの営業業務をゆるく体験したい人はどうぞ。|インターンシップJAPAN

有限会社共楽堂

業界 小売 インターン体験談数 1件
  • TOP
  • インターン体験談

和菓子屋さんの営業業務をゆるく体験したい人はどうぞ。

営業コース(販売)

ライタープロフィール

所属
慶應義塾大学 環境情報学部(文系/女性)
学生時代やっていたこと
「飲食店でのアルバイト」である。まず大学1年生の時に、レストランのホールスタッフのアルバイトを始めた。私は要領の悪いところもあり、初めは、一生懸命働いていても上手くいかないことが多くあった。しかし、バイトリーダーに、「あなたは器用ではないかもしれないが、あなたの強みは、ホスピタリティのある接客だ」と言われた。今までは自分の悪いところばかりに目がいっていたが、言われたことを意識しながら働くようにすると、自然と自信を持って働けるようになった。しかし、短期留学に行くことになり、このレストランのアルバイトはやめることになった。
帰国後、偶々テレビで観た、一般的な居酒屋とは少し異なり、エンターテーメント要素の強いある居酒屋に関心を持った。「思い立ったらすぐ行動」がモットーの私は、その日のうちにその居酒屋のアルバイトに応募し、そこで働かせてもらえることになった。そこでも、前のアルバイト先で言われた私の強み「ホスピタリティを持った接客」を意識しながら、働いている。

エントリーシートについて

エントリーシートの質問は

1. ゼミ・サークル・アルバイトなどの内容をご記入ください
2. 弊社のインターンシップへの応募理由をお聞かせ下さい
3. 希望部署【営業部(関東)】営業部(関東)か 製造部(広島)、希望部署をご記入下さい。 その部署を選んだ理由  
4. 大学生活で最も力を入れて取り組んだ(取り組んでいる)事
5. 今後、就職に際し最も重視すること

全て、字数指定なし

筆記試験について

スケジュールと内容

形式

なし

面接について

1次面接の内容

なし

当日のプログラムについて

いつ開催されたインターンシップですか?

2015年8月28〜30日

報酬について

交通費のみ支給(3日間で上限2万円)

どんな内容でしたか

共楽堂は和菓子の製造・販売を行う会社で、代表菓子は「一粒のマスカット」である。会社の商品を、実際に店頭で販売し、今後の戦略などを各自で考え、発表した。

1日目:レクチャー、目標設定
2日目:店頭販売
3日目:会議、プレゼンテーション、振り返り

どんな人(どんな層)がうけていましたか

いわゆる難関大学の学生はいなかった。自分のほかには、産業能率大学、東京電機大学、立命館アジア太平洋大学の学生がいた。文系の学生が大半だった。

インターンのこっそり裏話

参加学生に「就活ガチ勢」はいないような気がした。 インターン最終日に懇親会があったが、場所は社長宅で
  • TOP
  • インターン体験談