【株式会社IPパートナーズ】脳に汗をかく経験をする事で圧倒的に成長できるインターンシップ|インターンシップJAPAN

【株式会社IPパートナーズ】脳に汗をかく経験をする事で圧倒的に成長できるインターンシップ|インターンシップJAPAN

株式会社IPパートナーズ

業界 コンサルティング インターン体験談数 2件
  • TOP
  • インターン体験談

脳に汗をかく経験をする事で圧倒的に成長できるインターンシップ

長期インターンシップ(営業)

ライタープロフィール

所属
早稲田大学政治経済学部(文系/男性)
学生時代やっていたこと
2年時からIPパートナーズで長期インターンシップを行っています。ここでは、InDevという新規事業を学生だけの力で立ち上げました。また、3年生の始めには簿記1級を取得しました。

エントリーシートについて

エントリーシートの質問は

エントリーシートの提出はありません

筆記試験について

スケジュールと内容

筆記試験はありません

当日のプログラムについて

いつ開催されたインターンシップですか?

長期インターンシップ(1年以上続ける人も多い)

報酬について

成果報酬型(月10万円)+交通費

どんな内容でしたか

私はIPPにおいて、20名ほどのインターン生全体をまとめるインターンリーダーと、プロジェクトを主導するプロジェクトリーダーの2つを兼任していた。そのため、まさに会社の社長のようなインターンシップを経験することができた。それぞれの実績は以下の通りだ。

《インターンリーダー》

・新人教育制度の設立
・採用活動
・計6つのプロジェクトにおける進捗状況の確認

《プロジェクトリーダー》

・ 新規事業立ち上げ[インド開拓]

インドと日本のオフショア開発におけるマッチングサービスを立ち上げた。ビジネスについて全く知識はなかったが、週に一度の社長からのフィードバックの他は、全て自力で作り出した。その中で、私が実際に行ったことは以下の通りである。

《実績》

① 競合分析
 競合と考えられる6社について、競合分析を行い、自社が提供するサービスを定義した。
② ビジネスモデルの策定
 このサービスがどのようなフローで行われるのか、自社がどの役割を担うのかを定義した。
③ 価格モデルの策定
 どこで料金がとれるのか、また、お互いに納得のいく価格帯はどこなのかを策定した。
④ サイト作成
 コンセプトの定義から、実際のサイト作りまで全ての行程を自力で行った。
⑤ インド企業との英語での交渉
 あるイベントで来日したインドの企業15社に対し、打ち合わせを申し込んだ。その中で、 6社と打ち合わせし、英語を使ってサービスの説明や価格の交渉を行った。また、来日していないインド企業150社にも英語でメールを送った。
⑥ ラウンチ後のマーケティング
 ラウンチ後、ネットマーケティングやDMなどを通じて、日本企業側へ営業を行った。

どんな人(どんな層)がうけていましたか

MARCH以上の学生が多いイメージだが、どの学生でも参加は可能。

成長意欲の高いインターン生が非常に多いイメージだった。将来コンサルタントになりたい人が多い。ガチで議論をすることの多いインターンシップ。

インターンのこっそり裏話

社長との関わり 社長が元アクセンチュアのコンサルタントの方。週に1回から2回、社長との勉強会

株式会社IPパートナーズのインターン体験談をもっと読む

  • TOP
  • インターン体験談

おすすめのインターン求人

同じ業界のインターン求人