【トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社】面白くて頭がよくて、就職活動中頼りになれるやつと仲良くなれる!|インターンシップJAPAN

  • TOP
  • インターン体験談

面白くて頭がよくて、就職活動中頼りになれるやつと仲良くなれる!

総合(営業)

ライタープロフィール

所属
慶應義塾大学 法学部(文系/男性)
学生時代やっていたこと
留学中ギター代表として演奏会に出るための努力した。
留学中、ギターを通じて現地の文化に触れたく、校内演奏会に応募した。
しかし、現地でよいとされるギターの弾き方と、自分の演奏法が全く異なった。プロの演奏を何度も聞いたり、生演奏が行われるパブに通い研究したりと、演奏法を近づける努力を重ねた。
その甲斐あり、最終選考の2人に残れた。そのもう1人と話すと、互いの長所で双方の悪い演奏法を補えると考えた。作曲の経験を活かし課題曲を連奏曲にアレンジし、教授に連弾を提案すると、承諾してもらえ、演奏会に2人で出場できた。「初めての試みだ」と特別賞も頂けた。

エントリーシートについて

エントリーシートの質問は

学生時代困難だったことは何ですか(400字以内)
※しかし、学内合同説明会にて、トリンプの説明を聞いた人は書く必要なし

筆記試験について

スケジュールと内容

形式

なし

面接について

1次面接の内容

グループディスカッション。 
人数:面接官2人対学生5人
質問内容:「学生と社会人の違いは何か」もしくは、「リーダーとは何か」
グループ面接などはありませんでした。

当日のプログラムについて

いつ開催されたインターンシップですか?

2014年8月~9月中に4回程開催、4日間

報酬について

なし

どんな内容でしたか

1日目~2日目

グループワークを通して、プレゼンの仕方やトリンプの考え方などを学びました。
1日に3~4回くらいグループワークをしてその都度発表をしていたため、結構大変でした。しかし、その分グループワークや発表の仕方を充分に学べました。


3日目

資料を渡され、それについての解決方法をグループで考えました。
「もしあなたが〇社の社長に新しく就任したら、、」というお題で、〇社についてのデータがたくさん書いてある資料を渡されます。1日かけて考え、中間発表を人事に行い、アドバイスをもらいました。


4日目

3日目の続きを少しした後、発表。
その後懇談会があり、近くのレストランで食事。(費用はトリンプが払ってくれました)

どんな人(どんな層)がうけていましたか

文系8割、早慶8割、男女比率は半々、別にメーカーに絞っている人というわけでもなく、さまざまな人がいました。 しかし、名前も知らない大学から来てる人もいたため、能力を一次選考で示せればいけると思います。

インターンのこっそり裏話

インターンに行けば本選考のwebテストは免除されます。しかし、その後は実力次第です。いい意味で外資で、
  • TOP
  • インターン体験談