【株式会社ファーストロジック】自分の仕事に対する適正を考えるうえで最適です!|インターンシップJAPAN

【株式会社ファーストロジック】自分の仕事に対する適正を考えるうえで最適です!|インターンシップJAPAN

株式会社ファーストロジック

業界 不動産 インターン体験談数 2件
  • TOP
  • インターン体験談

自分の仕事に対する適正を考えるうえで最適です!

長期インターン(営業)

ライタープロフィール

所属
早稲田大学政治経済学部経済学科(文系/男性)
学生時代やっていたこと
現在はサッカーサークルで週三回の練習と土日のどちらかに試合を行っています。アルバイトは四つほど経験しました。

エントリーシートについて

エントリーシートの質問は

エントリーシートの提出はありません

筆記試験について

スケジュールと内容

筆記試験はありません

面接について

1次面接の内容

面接官一人対一人でした。

質問はどのような理由で当インターンシップを希望したのか、ということからはじまり、短期のインターンシップで成果次第では長期でのインターンも可能とのことだったので、長期でインターンをやる気はあるかということも聞かれました。

加えて、インターンで経験したことは今後どのようなことに活かされていくと思うかといったことも聞かれました。最後にこちらから何か質問はあるかということを聞かれ、質問にも丁寧に答えていただきました。

当日のプログラムについて

いつ開催されたインターンシップですか?

2014年8月

報酬について

時給1500円(一日八時間で三日間=36000円)+交通費

どんな内容でしたか

三日間で開発部、営業部、管理部の三部署を回るといった内容でした。

自分は一日目は開発部、二日目は営業部、三日目は管理部でした。

一部署で三つの課題を与えられそれをこなすという内容です。

一日目の開発部では運営するサイトのPVを挙げる策を数多く考える課題、その策一つ一つに対して過去の策の結果等からどのような結果が予測されるか予測する課題、メルマガの会員数を増やす策とその結果を予測する課題が与えられました。

二日目の営業部ではデータ入力を数こなす課題(数が課題)、実際に営業についていき結果等をレポートにまとめる課題、テレアポを数をこなしてできればアポをとる課題が与えられました。

三日目の管理部では事務作業や中小的な課題を解決する策を考える課題を三つ与えられました。

どんな人(どんな層)がうけていましたか

文理はどちらともいましたが文系の方が多かったと思います。

大学のランクはあまり関係ないとは思いますが、自分がいた三日間は早慶が多かった気がします。スタンスとしては長期でインターンをやりたくて来ている人もいればこの会社に就職したい人もいます。もちろん三日間限定で体験したい人もいました。

インターンのこっそり裏話

実際の仕事をさせてもらえるわけではなく与えられた課題を解決していく形のインターンなので実際に仕事

株式会社ファーストロジックのインターン体験談をもっと読む

  • TOP
  • インターン体験談