【損害保険ジャパン日本興亜株式会社】損害保険会社のさまざまな業務を体験でき、業界研究に最適だと思います。|インターンシップJAPAN

  • TOP
  • インターン体験談

損害保険会社のさまざまな業務を体験でき、業界研究に最適だと思います。

総合コース(その他)

ライタープロフィール

所属
慶應義塾大学 経済学部 経済学科(文系/男性)
学生時代やっていたこと
私が学生時代にやっていたこととして、サークルの運営が挙げられます。私は現在サッカーサークルに所属し、昨年度は代表としてサークル運営に携わりました。新歓期の説明会や活動の準備・グラウンドの確保・大会参加のための手続き・飲み会の企画などサークル活動に必要なさまざまな仕事を責任を持って行いました。サークル自体は勝敗にこだわるのではなく、練習や大会参加などを通じて仲間とサッカーを楽しむために活動し、さまざまなよい思い出を作ることができました。

エントリーシートについて

エントリーシートの質問は

1. あなたが学生時代に頑張ったことは何ですか(200字以内) 
2. 当社のインターンシップへの参加希望理由は何ですか(200字以内)

筆記試験について

スケジュールと内容

形式

ウェブテスト

面接について

1次面接の内容

グループディスカッション(持ち時間30分、学生6人対社員1人)でした。
就職活動に必要なことを3つ挙げるとしたら何があるかを話し合い、その後、社員に対して2分ほどで、その3つのことについて簡単にプレゼンテーションを行いました。

当日のプログラムについて

いつ開催されたインターンシップですか?

2015年8月~9月

報酬について

お弁当のみ

どんな内容でしたか

1日目

「保険金サービス部門」の業務を体験しました。
自動車同士の交通事故が発生したという想定のもとで、責任割合の計算を行い、損害保険会社がどれくらいの保険金を支払うことになるのかを求めました。

2・3日目

「リスクコンサルティング部門」の業務を体験しました。
ある企業が、海外へ事業を展開するという想定のもと、リスクを抽出し、そのリスクに対して損害保険会社としてどのような保険や対策を提案するかについて話し合いを進めました。

4・5日目

「商品開発部門」の業務を体験しました。
来たる2025年に社会はどのように変化し、それに応じてどのような損害保険が必要になるかについて話し合い、保険商品の開発を行いました。

どんな人(どんな層)がうけていましたか

MARCH以上の学生がほとんどどでした。
ほぼ全員が文系の学生でした。

インターンのこっそり裏話

損害保険ジャパン日本興亜の夏のインターンは、選考の一環ではなく、できるだけ多くの学生に業務を体験して

損害保険ジャパン日本興亜株式会社のインターン体験談をもっと読む

  • TOP
  • インターン体験談