【日本生命保険相互会社】生命保険業界の研究はこのインターンでばっちり!!|インターンシップJAPAN

日本生命保険相互会社

業界 金融 インターン体験談数 14件
HP http://www.nissay.co.jp/
  • TOP
  • インターン体験談

生命保険業界の研究はこのインターンでばっちり!!

保障事業コース(事務)

ライタープロフィール

所属
慶應義塾大学 商学部 商学科(文系/男性)
学生時代やっていたこと
理工学部体育会ソフトテニス部での活動、経済サークルでの経済指標の勉強、ゼミでの会計学・企業分析の勉強、コンビニでの早朝アルバイト

エントリーシートについて

エントリーシートの質問は

1. 専攻内容(200字)
2. 自分自身が最も力を入れて取り組んできたことについて、どのように取り組んできたかを具体的にご記入ください。(300字)
3. インターンシップに応募した動機や、意気込みについてご記入ください。(300字)

筆記試験について

スケジュールと内容

形式

なし

面接について

1次面接の内容

面接官1人対学生2人のグループ面接で、時間は30分程度でした。
まだ学生は面接慣れしていなくて緊張していると、面接官は判断したのか緊張をほぐすような質問から入ってくださいました。終始穏やかな面接でした。
聞かれたことは、 自己紹介を1分で、趣味、学生時代頑張ったこと、ゼミで勉強していること、自分という人間性を分かりやすく表すエピソード でした。 面接官は基本学生のエントリーシートを見ながら質問してこられると思うので、聞かれる内容は人によって違うと思います。
また、面接の最後にフィードバックをしてくださいました。

その他

面接と同じ日にグループディスカッション選考がありました。
男子6人の班でした。
テーマが現実にはあり得ないような設定のものだったので、想像力を働かせて意見をいうことが求められるなと感じました。
グループディスカッションを終えた後に、面接官から濃いフィードバックを頂けました。

当日のプログラムについて

いつ開催されたインターンシップですか?

2015年12月

報酬について

なし

どんな内容でしたか

生命保険会社について理解を深められるようなプログラムでした。

1日目

アンダーライティング業務や資産運用業務について理解を深める簡単なグループワークを行いました。

2~4日目

本インターンのメインプログラムである「新社会人への生命保険加入率を上げるための販促方法について考える」グループワークを行いました。
1グループの人数は7~8人で、チーム対抗戦でした。
また途中にグループワークを行うために必要な知識を仕入れるためのインプットの講義がありました。グループワーク中は常に職員さんが巡回しており質問しやすい雰囲気でした。

5日目

全チーム、グループワークのプレゼンテーションを行いました。とても立派な部屋でプレゼンを行うため緊張します。プレゼン後に職員さんからフィードバックを頂けましたし、ほかのチームの学生からも鋭い質問が飛んできたりと大変勉強になりました。最後に盛大な懇親会が行われました。食事はとても豪華でした。

どんな人(どんな層)がうけていましたか

参加する人の層としては、早慶が多いと思います。私の班は7人いましたが、早慶4人、上智1人、お茶大1人、青学1人でした。
絶対に生保に行きたいとその時点で考えている学生はあまりおらず、金融業界に幅広く関心があってその中で日本生命もみているという人が多かったと思います。
班のメンバーはみなとても優秀で、グループワークのレベルはほかのインターンより高かったです。

インターンのこっそり裏話

日本生命のインターンはCSR活動の一環としてやっているので、本選考でそこまで有利にならないと思います。

日本生命保険相互会社のインターン体験談をもっと読む

  • TOP
  • インターン体験談