【プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社(P&G)】外資のトップダウンを感じられるインターン|インターンシップJAPAN

  • TOP
  • インターン体験談

外資のトップダウンを感じられるインターン

マーケティング(マーケティング)

ライタープロフィール

所属
慶應義塾大学 商学部(文系/男性)
学生時代やっていたこと
私が学生時代に夢中になって取り組んだことは、2年間続けてきた飲食店の接客業です。私は、持ち前の積極的かつ明朗な性格で、主体的にお客様とのコミュニケーションをとることができます。お客様の年齢層にあわせた接客をし、常にお客様のニーズを考えて行動し、自ら積極的に暖かい接客を心がける努力をしました。
お店のかけ声である、「はいよろこんで!」は、誰にも負けない元気なかけ声をだしていたことから同働く仲間の間では、「かけ声番長」とも呼ばれておりました。この接客が、お客様が選ぶ「輝くスタッフ1位」に連続して、獲得することができた理由だと思います。

エントリーシートについて

エントリーシートの質問は

あなたが学生時代に頑張ったことで最もアピールできること。

筆記試験について

スケジュールと内容

形式

webテスト

面接について

1次面接の内容

エントリーシートについて。

当日のプログラムについて

いつ開催されたインターンシップですか?

2014年10月

報酬について

なし

どんな内容でしたか

P&Gのインターンは変わっており、ステージが6ほどにわかれています。
ステージ1から進んでいき、ステージが進むごとに人数が絞られていきます。最終的にステージ6まで残るのは10人いかとなります。各ステージのインターンではP&Gの企業理念に沿ったリーダーという考え方を学ぶために過去のデータを用いて目的にたいするグループディスカッションを行います。特徴的なことは如何に数字を利用して結果を出すかということです。

どんな人(どんな層)がうけていましたか

名門大学ばかり。

インターンのこっそり裏話

社員の説明やグループディスカッションを通じて非常に成長を感じました。また、マーケティングというおもし

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社(P&G)のインターン体験談をもっと読む

  • TOP
  • インターン体験談