【株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA Co., Ltd.)】狭き門をくぐりぬけた、超エリート集団。 by某IT企業ファウンダーN氏|インターンシップJAPAN

株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA Co., Ltd.)

業界 IT/Web インターン体験談数 3件
  • TOP
  • インターン体験談

狭き門をくぐりぬけた、超エリート集団。 by某IT企業ファウンダーN氏

StuDIG2014(総合職)

ライタープロフィール

所属
早稲田大学社会科学部社会科学科(文系/男性)
学生時代やっていたこと
文系ではありながら、1年時にHP制作の仕事を行い、2年にはビッグデータ解析を行うなど、IT系の人間です。もともとタイピングが異常に速いので、せっかくだからエンジニア的な能力を付けておこうと思ったらこうなっていました。けど趣味はサッカーや音楽鑑賞です。

エントリーシートについて

エントリーシートの質問は

エントリーシートの提出はありません

筆記試験について

スケジュールと内容

形式

WEBテストを行う。日本一の難しさとも言われるほどで、生半可ではないスピード感がなければ全問は解けない。ただし、エントリーの際に何らかの能力が評価されれば、会社の方から電話がかかってきて、WEBテストを受けずに次の選考に進むことが出来る。

面接について

1次面接の内容

形式

6人制でグループディスカッションを行う。
メンターが2人つく。
制限時間20分で与えられたテーマについて議論し、20分後にメンターに対して発表を行い、それに対してメンターの方から質問や指摘を受ける。

選考へのポイント

会社の社風として「誰が言ったかより何を言ったか」といった考えもあるため、チームワークなどといったEQ的要素より、論理的に自分の考えを伝えられる人の方が評価される傾向にある。メンターの方はこちらから何か尋ねない限り、基本的に必要最低限のことしか話さない。

2次面接の内容

形式

個人面接を行う。時間は人によって違うが、自分の場合は40分程度だった。

質問内容

今までやってきたことや、その中で自分はどんなことをしたのか、どんな役割だったのか、どんな結果を残せたのか、といった自分の価値みたいなところを聞かれる質問が多かった。人によってはフェルミ推定のようなことをする場合もある。

3次面接の内容

形式

1dayjobを行う。その名の通り丸1日を通して、新規事業立案を行う。
チームは大体5人一組で、与えられた目標を達成することのできる事業を立案・発表し最後に順位を付ける。

選考のポイント

順位と選考を通るかどうかの相関性はない。この選考段階まで残るような人は超がつくほど優秀な人ばかりなので、かなりいい経験になる。選考を通るにはとにかく自分のバリューを発揮しなければならない。

当日のプログラムについて

いつ開催されたインターンシップですか?

2014年8月

報酬について

4日10万円

どんな内容でしたか

形式

チームごとにお題が与えられ、そのお題に即した新規事業立案を4日間で行う。社員さんがメンターとして1チームに2人属しており、メンバーと混じって4日間作業する。

StuDIG2014の内容

とてつもないスピード感の中で事業立案を行うため、メンター含め全員が寝る間も惜しまずに24時間営業で考え続ける。宿泊施設では毎朝毎晩高級料理が振る舞われるが、味を堪能する暇はない。
当然のことながら、超優秀な人間しかいないので、それ特有の難しさを痛感する。例えばチームワークが上手くいかなかったり、他の人と意見が衝突したりすることなどは24時間営業で繰り広げられていた。

最終プレゼンには審査員としてDeNAの役員の方や、外部から社長さんがお招きされており、直々に講評をしてもらえる。当然だが、学生と審査員の方々では場数が違いすぎるので、だいたいどのチームもコテンパンにされる。

選考のポイント

コテンパンにされることで、何がいけなかったのか反省し、次に進めるような人間が求められる会社なので、そういった社風が自分に合うと思う人は向いていると思う。

どんな人(どんな層)がうけていましたか

文理/学歴

文系理系の比率は半々程度。東大生であろうが慶大生であろうが優秀でないと判断されれば1次2次でバンバン落とされるので、学歴どうこうという考え方も一概には言えないかもしれませんが、結果的に参加学生の多くが東大・京大の院生と学部生で、その次に早慶上智、MARCHは1人くらいでした。IT業界は特にかもしれませんが、関西組が多かった印象。

参加者の印象

このインターンに参加している人は、既に仕事をしなくても生きていけるような額を稼いでいる学生や、起業してバリバリ活躍している学生が、石を投げれば当たるくらいの数いますし、インターン参加者のレベル感は日本ではこの上ないと思います。蛇足として結果論も踏まえてですが、1dayjobまで残れるようであれば就活に全く苦労しないだろうというのが個人的な見解です。

インターンのこっそり裏話

インターンを受けた理由 最初この会社のインターンに参加した動機は、4日で10万円もらえるということだ

株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA Co., Ltd.)のインターン体験談をもっと読む

  • TOP
  • インターン体験談