【株式会社野村総合研究所】もっとも内容的に優れていて充実しているインターンの一つ|インターンシップJAPAN

株式会社野村総合研究所

業界 コンサルティング インターン体験談数 10件
HP https://www.nri.com/jp/
  • TOP
  • インターン体験談

もっとも内容的に優れていて充実しているインターンの一つ

経営コンサルティング(コンサルタント)

ライタープロフィール

所属
T大学 K学部 K学専攻(文系/女性)
学生時代やっていたこと
学生団体代表、成績優秀者奨学金受給、世界20か国の旅行

エントリーシートについて

エントリーシートの質問は

(1)あなたという人物を一言(30字程度)で表現するとどのようになりますか。また、そのように考えた理由を象徴的なエピソードを踏まえて教えてください。(300字)

(2)あなたが直面し、乗り越えた困難について具体的に教えてください。また、その困難の原因、解決方法、そこから得られた気付きも教えてください。(600字)

(3)あなたの知っている企業を一つ挙げ、あなたが考えるその企業の課題を一点教えてください。また、その企業がとるべき解決策について、あなたの考えを具体的に教えてください。(600字)

筆記試験について

スケジュールと内容

形式

事前に自宅での性格検査(15分程度)とテストセンターでのSPI試験(言語、非言語、30分程度)。 

面接について

1次面接の内容

学生と人事の1対1の一問一答形式だった。

ESを確認しながら行われた。コンサルタントとしての資質よりも、一般的な受け答えができているかを確認しているようだった。

2次面接の内容

「グループディスカッション」

人事は2名で資料読み10分。発表はなし。 資料はA4数枚。企業の移転先を5案から話し合って決定する。

「グループ面接」

コンサルタントと学生が3名ずつ。
ESに記入した企業の問題点と改善策を話したのち、社員の方からの質問が入る。 他のアプローチはないのか。競合はどうなるのか。その案が拒絶されたらどうするのか。最終的にはどこを目指すのか。等

当日のプログラムについて

いつ開催されたインターンシップですか?

2014年8月

報酬について

日当8,000円と毎日の昼食と2度の懇親会

どんな内容でしたか

5人のチームで個室を与えられ、自由に課題に取り組むことができた。

初日と最終日に懇親会があった。
毎日夕方に社員の方に報告することが義務付けられていたが、随時手の空いている社員の方が見に来てくださったり、こちらから呼び出すことも可能だった。
毎日昼食は時間が決まっており日々違う社員の方とお話ししながら食べる。
外出しての調査等も自由に可能。
最終日にクライアント役の社員の方の前でのプレゼンをするが優勝チームはなく、ただ鋭い質問や批判をされつづける。

どんな人(どんな層)がうけていましたか

文理は半分ずつくらいだったが皆非常に高学歴でかつ人間的にも優れた人が多かった。

インターンのこっそり裏話

集まっている学生が非常に優秀であった。休日含め7日間切磋琢磨することが出来とても勉強になった。人と仕

株式会社野村総合研究所のインターン体験談をもっと読む

  • TOP
  • インターン体験談

おすすめのインターン求人

同じ業界のインターン求人