【NPO法人青年協議会】NPOやボランティアなどに関わってみたい方へ|インターンシップJAPAN

NPO法人青年協議会

業界 NPO/ボランティア インターン体験談数 1件
  • TOP
  • インターン体験談

NPOやボランティアなどに関わってみたい方へ

総合コース(総合職)

ライタープロフィール

所属
Southern Nazarene University College of Natural, Social, and Health Sciences; Division of Science and Mathematics; Department of Biology; Biology-Chemistry Major(理系/男性)
学生時代やっていたこと
2013年高校3年生の時にアメリカ大使館後援学生団体Japan America Zadankai (JAZ)の高校生リーダー兼広報部責任者に就任。
同年秋と2014年春に新メンバー採用担当に就任。高校卒業後、2014年度新メンバー教育担当を経て同年4月に上級顧問に就任。

エントリーシートについて

エントリーシートの質問は

エントリーシートの提出はありません

筆記試験について

スケジュールと内容

筆記試験はありません

面接について

1次面接の内容

面接官は二名いました。一人は支部長で、もう一人は研修中の職員の方でした。どちらの方も非常に気さくな雰囲気で非常に答えやすかったです。面接は新宿支部のミーティングスペースで行われ、実際に入社後にも使用する場所になっています。

まず、業務内容の確認を行いました。そして、東日本大震災の復興支援活動を主な業務として行っているため、被災地支援に興味を持った理由やボランティアなどの活動に興味をもった理由に関して深く話す時間がありました。基本的には自分で好きな事や熱意を話す時間に使われました。

当日のプログラムについて

いつ開催されたインターンシップですか?

長期インターン

報酬について

一日5000円+交通費

どんな内容でしたか

仕事は朝のミーティングから始まります。各自活動場所の確認や情報共有を行います。出社した社員が全員集まる場でもあるので、コミュニケーションの中で一番重要な時間です。確認事項を確認した後に活動場所に向かう準備をします。

業務内容は、基本的に駅などでの募金活動となっています。一時間おきに休憩をはさみながら五時間程度、該当で募金活動を行います。基本的に二人で一組のチームを組み、活動を行います。募金を集める以外にもチラシを配布したり、支援者の方の対応を行うこともあります。

募金以外にも活動内容の説明を行ったりすることもあります。若い社員が非常に多いので、休み時間や業務終了後に仕事やプライベートな話をすることもあります。

どんな人(どんな層)がうけていましたか

まず、熱意がある事が最重要のようです。動物に対して強い愛情があったり、東日本大震災の被災地支援に対して強い思い入れがあったりなどです。

また、募金活動という活動の特殊性から、ボランティアの経験は歓迎されます。

インターンのこっそり裏話

非常に多様なバックグラウンドを持った社員の方が多いです。また、若い社員が非常に多く、それ以外にもボラ
  • TOP
  • インターン体験談