【株式会社三井住友銀行】銀行に興味がない人でも、得るものが非常に多いインターン|インターンシップJAPAN

株式会社三井住友銀行

業界 金融 インターン体験談数 26件
HP http://www.smbc.co.jp
  • TOP
  • インターン体験談

銀行に興味がない人でも、得るものが非常に多いインターン

法人営業(営業)

ライタープロフィール

所属
慶應義塾大学経済学部(文系/男性)
学生時代やっていたこと
高級服飾店でのアルバイト、海外ボランティア、資格の勉強など、普通の大学生活を送っていた。しかし、どの活動でも、きちんと「目標」を定め、達成に向けて全力で取り組んだ。

エントリーシートについて

エントリーシートの質問は

・インターンへの志望動機
・学生時代頑張ったこと

筆記試験について

スケジュールと内容

形式

webテスティング(自宅PCで受験)

面接について

1次面接の内容

グループディスカッション。書類とwebテストを通過すると呼ばれる。6人1チームで、10分間与えられた十数ページの資料を読み込んでから、40分ほどディスカッションをする。情報が多すぎるので、処理するのが大変。
ディスカッションでは、自分の意見をしっかりもつことと、明確な根拠を伝えること、協調性、チームへの貢献度が評価されていると感じた。

2次面接の内容

個人面接。相手は採用担当の社員さん。年は30くらい。
志望動機、趣味、ゼミの内容、アルバイトは楽しいか?、銀行のイメージは?など、聞かれること自体は面接チックだが、非常にフランクな雰囲気なので、話しやすい。

当日のプログラムについて

いつ開催されたインターンシップですか?

2015年9月8日~12日

報酬について

交通費支給。報酬はない。

どんな内容でしたか

課題は『顧客のことをよく知り、役立つ提案をする』というもの。
資料は有価証券報告書しか配られず、自分たちの情報検索能力とまとめる力を求められる。
有価証券報告書を読める人がグループに少なくとも1人は配置されている模様。

1日目

簡単なボードゲームからの、昼ごはん。
その後誓約書など手続き関連を済ましてから早速グループワークに取り掛かる。

2日目

8:40~20:00までグループワーク。
チューター社員へのプレゼンがあるが、ほとんどの班はここで潰される。

3日目

8:40~20:00が基本だが、早い班は7:30くらいに集まっていたみたい。
1日グループワークだが、丸の内本店に出向き、企業調査部の方にプレゼン。
ここから毎日丸の内本店に赴く機会がある。

4日目

かなり朝早くから、みんな集まっていた。
1日グループワークだが、また丸の内本店に出向き、法人営業部部長にプレゼン。
かなり厳しい指摘を受ける。
この日は夕飯が出て、21時まで拘束。
翌日はすぐプレゼンなので、プレゼンは4日目までに完成させる必要あり。
ほとんどの班は、ホテルを取ったりカラオケに行ったりして、オールでプレゼンを仕上げる。
かなり班も仲良くなっているので、士気は高い。
たが、体力的にはかなりきつい。

どんな人(どんな層)がうけていましたか

旧帝大と早慶がボリュームゾーン。マーチがボーダー。

インターンのこっそり裏話

参加するのには数十倍の倍率を勝ち抜かないといけない。 グループディスカッションでほとんど落ちる。 そ

株式会社三井住友銀行のインターン体験談をもっと読む

  • TOP
  • インターン体験談