【愛知トヨタ自動車株式会社】トヨタ自動車に入りたい人は必須!ただ、得られる経験は部署や担当者による、運ゲーである。|インターンシップJAPAN

愛知トヨタ自動車株式会社

業界 メーカー インターン体験談数 3件
HP http://www.toyota.co.jp/
  • TOP
  • インターン体験談

トヨタ自動車に入りたい人は必須!ただ、得られる経験は部署や担当者による、運ゲーである。

鋳造生技部(エンジニア)

ライタープロフィール

所属
京都大学大学院 工学研究科 化学工学専攻(理系/男性)
学生時代やっていたこと
サークル活動、アルバイト、研究に勤しんでいた典型的な理系学生。特に目立つことはしていない。各活動について、自分の頭で考え、工夫しながら課題に取り組んできたという自負をしている。

エントリーシートについて

エントリーシートの質問は

1.あなたが学生時代最も頑張ったことはなんですか
2.インターンシップで弊社を志望した理由はなんですか

筆記試験について

スケジュールと内容

形式

面接官2対受験者5人
一人10分程度質問に回答していく。順番に答えていくので、最後の方が有利かと思われる。内容は各人によって異なるが大まかに言うと、ESの内容の掘り下げと、好きな自動車は何か等の質問。割と答えられなくても熱意がある人が通っていたイメージ。向上心と主体性をアピールする必要がある。

面接について

1次面接の内容

なし

当日のプログラムについて

いつ開催されたインターンシップですか?

2015年9月

報酬について

交通費及び昼食代のみ。

どんな内容でしたか

最初2日間はインターンシップの全体像の説明。全員が集められ、トヨタ自動車の考え方や方針、インターンで学んで欲しいことなどを伝えられる。その後は各部署および担当者にによりかなり内容が異なる。対象とする研究内容に徹底的に取り組む人、会議や打ち合わせに出席し他者との関わりを教えてもらう人など様々である。私の場合、後者であり、様々なミーティングに同席させてもらい、専門的な仕事内容というよりは社会人基礎と言われるコミュニケーションや他部署、他会社との関わりを教えてもらった。

どんな人(どんな層)がうけていましたか

車好きと豪語している人は1割程度で、ほとんどは本採用で有利になるからという理由で取り組んでいた。ほとんどが有名大で、研究にもかなり真剣に取り組んでいる人たちであったと思う。

インターンのこっそり裏話

本採用へのインセンティブはあるようである。ただ、ほとんどが学校推薦であるため、学校推薦者同士での争い

愛知トヨタ自動車株式会社のインターン体験談をもっと読む

  • TOP
  • インターン体験談