【株式会社三井住友銀行】未来の社会人全員におくる、カネ・会社を考える激熱の5日間|インターンシップJAPAN

株式会社三井住友銀行

業界 金融 インターン体験談数 26件
HP http://www.smbc.co.jp
  • TOP
  • インターン体験談

未来の社会人全員におくる、カネ・会社を考える激熱の5日間

金融営業(総合職)

ライタープロフィール

所属
東京大学 経済学部 経営学科(文系/男性)
学生時代やっていたこと
サークル活動ではオーケストラに所属。大学3年から学生団体にも所属。大学2年で1度インターンシップを経験。

エントリーシートについて

エントリーシートの質問は

1. 学生時代力を入れたこと(200字以内)
2. 申し込み動機(200字以内)

筆記試験について

スケジュールと内容

形式

・6月末にES提出、3日ほどで1次面接の連絡
・連絡から約1週間後に簡単な説明会を兼ねた集団面接。ほぼ直後に2次面接の連絡
・約1〜2週間後に個人面接。約2週間後の7月末に合格通知とインターンシップの案内

面接について

1次面接の内容

面接官1人対6人。グループディスカッションで、架空のハンバーガーショップの新メニューとして、提示されている3つのメニュー案のうち最適であるものを配布された資料に基づいて考えるというお題。個人で数分考えたのちまず意見を全員が発表、約30分間の議論を行う。個人質問等はなし。

2次面接の内容

面接官1人対1人。特にテーマはなく、過去の体験、普段の生活、現在の興味など雑談を通して人柄を判断するもの(例:今の生活全体を100としたら、学校、サークルなどに対してどれだけの時間を充てているか)。

当日のプログラムについて

いつ開催されたインターンシップですか?

2015年8月。本日程5日と前泊の計5泊6日。

報酬について

交通費のみ。(現地での宿泊費・食費等すべての経費は会社持ち。)

どんな内容でしたか

・開催地は東京と神戸で、泊まり込み。(私の場合は神戸)

1日目

オリエンテーションと融資やM&Aなど金融の基本を学ぶためのミニゲーム。

2日目から

は6人グループに分かれ、ある日本の企業1社について融資などの提案を考えるグループワークを4日目まで3日間かけて行った。途中、現地の社員や、出張して大阪支店の社員にアドバイスを受ける機会があった。

最終日

ベテラン社員2人の前で発表。

どんな人(どんな層)がうけていましたか

ほぼ文系。関東の私大(早慶、MARCH)が多いが関西からの参加者も一定数いるなど、かなり幅広い層の様子。(関西での開催回は関東の大学、関東での開催回は関西の大学が多いと思われる。)

インターンのこっそり裏話

1. 本選考へのインセンティブ:このインターンは特殊で、自社に入社してもらうことよりも「知ってもらう」

株式会社三井住友銀行のインターン体験談をもっと読む

  • TOP
  • インターン体験談