【株式会社キープ・ウィルダイニング】夏休み史上最もアツい4日間!!|インターンシップJAPAN

株式会社キープ・ウィルダイニング

業界 食品 インターン体験談数 1件
  • TOP
  • インターン体験談

夏休み史上最もアツい4日間!!

街創りインターンシップ『狼煙 NOROSHI』(総合職)

ライタープロフィール

所属
中央大学(文系/男性)
学生時代やっていたこと
3年間の学生生活で、サークル3つ、学生団体1つ、バイト3つ、長期インターン3つと色んな環境を転々としてたフットワークの軽い学生です。

エントリーシートについて

エントリーシートの質問は

エントリーシートの提出はありません

筆記試験について

スケジュールと内容

筆記試験はありません

面接について

1次面接の内容

会場には学生5名社員3名のみでした。
この回はなぜか人数が少なかった回のようです。

学生が2人、3人で別れグループワークの形式で進みました。

プロジェクターに映し出された映像をもとにストーリー形式で進み、随時ミッションが出され、それをグループでこなしていく形でした。

ストーリーは新規のお店を新入社員が企画するみたいな内容でした。ミッションは「1分で自己紹介せよ」、「(ストーリーで出てきた問題点に関して)どうすればよいか」などでした。

2次面接の内容

社長との座談会形式だそうです。
私は諸事情で参加していないため詳しくはわかりません。

3次面接の内容

会社の役員との一対一の面談でした。
どんな業界を志望しているのか、などインターンとは直接関係ないキャリアプランについて聞かれました。

当日のプログラムについて

いつ開催されたインターンシップですか?

報酬について

報酬はなし。
3日目のみ宿泊で、その宿泊費は会社負担でした。

どんな内容でしたか

4日間を通してのグループワークで最終日に社長へプレゼンという形でした。

参加学生は17名で、3グループありました。

1、2日目は日帰りでしたが、3日目から4日目は宿泊しました。グループワークのテーマは、「町田の人々を豊かにする飲食店をつくること」でした。

最初のグループ分けは特徴的でした。まず、ある簡単なゲーム(決断力・行動力がためされるようなもの)で3人のリーダーを決め、それぞれのリーダーがプレゼンをし、他のメンバーは一緒のグループになりたいリーダーを選ぶという形でした。その後人数調整はしましたが(笑)

その後はずっとそのグループでの活動でした。毎日ハードで特に宿泊の日はみんなあまり寝ずに準備をするほどの本気度でした。達成感はかなり大きかったですね。

どんな人(どんな層)がうけていましたか

文系の学生が多かったと思います。町田周辺に集中的に出店してる企業なので町田付近の大学生が多かったです。

学歴はバラバラでしたが、あまり差を感じさせませんでした。企業のアツい雰囲気に惹かれてきた人が多いので、アツくて意欲的な人が多かったです!

インターンのこっそり裏話

インターン中、社員さんがよく口にしていた言葉で、インターンのテーマ的なものだったのが「成長痛」で
  • TOP
  • インターン体験談