インターンをしながら自分の「強み」を見つける5つの方法|インターンシップJAPAN

インターンをしながら自分の「強み」を見つける5つの方法|インターンシップJAPAN

インターンシップJAPANコラム

  • 2014-04-27 19:00:00
  • インターン
  • 2439 view

インターンをしながら自分の「強み」を見つける5つの方法

「自分の強み」
これを考えるのは就活においても、インターンにおいても共通の難しいテーマですよね。実は社会人になってからも考え続ける付き合いの長い問題でもあります。

そこで今回は、インターンを探している皆さん、すでにインターンしている皆さん向けに、インターンをしながら強みを見つける5つの方法をお伝えします。

強みを必ず見つけられる方法はありません。
なので、様々なアプローチを提案します。

1、目標を明確にしよう



「決めてから気づく」ということが人間の機能にはあります。

例えば、「半年以内にカフェを開こう」と決めます。そうすると自然と、街のカフェの看板が目に入ってくる。普段は気にも留めなかった閑散としたカフェになんでお客さんが入っていないんだろう?と考えるようになる。

これは目標を決めたことによる効果です。
何も決めずに、なんとなく過ごしていると、同じ時間を過ごしていても、得られる情報が変わってきます。

その積み重ねが、1年後には大きなものになっています。
なので、1年スパンの目標、半年スパンの目標、1か月の目標、1週間の目標、1日の目標を明確に設定した方が、同じ時間から得られるものは大きくなります。

2、出会うまで何かをやり続けよう


スティーブジョブズのもっとも有名なスタンフォード大学の卒業式で語られた伝説のスピーチをご存知でしょうか。
その中の一つに「点と点をつなぐ話」があります。
一部分だけ引用します。

“未来に先回りして点と点をつなげることはできない。君たちにできるのは過去を振り返ってつなげることだけなんだ。だから点と点がいつか何らかのかたちでつながると信じなければならない。自分の根 性、運命、人生、カルマ、何でもいいから、とにかく信じるのです。歩む道のどこかで点と点がつながると信じれば、自信を持って思うままに生きることができ ます。たとえ人と違う道を歩んでも、信じることが全てを変えてくれるのです。”

つまり、どんな伝説的な経営者でも強みは見つけようと思ってできたものではない。何かに無我夢中で取り組んだ後に振り返ってみると結果的に自分だけの道ができるということです。

詳しくは動画を見てほしいと思いますので、字幕付きのリンクを貼っておきます。



3、社会を知ろう



そもそも、今考えている強みは「社会に利益をもたらす可能性のある強み」です。
つまり社会を知らないことには、社会で役立つ強みかどうかを判断できず、自分の強みを伸ばそうと努力することもできません。

インターンをしているあなたにとっては社会を知るためのヒントがそこら中にちりばめられています。

これまでの学校とは違い会社はどんな組織なのか。
会社の構造はどう成り立っているのかを知っていきましょう。

例えば営業、マーケティング…などの部署はどのように分けられているのか。
それぞれの部署の関連性はどうなっているのか。

例えば役職ごとの仕事の違いってなんだろうとか。

知っても知っても知りすぎることはない奥深い問題がそこにはたくさんあります。

4、業界を知ろう


インターンをまだしてないあなたにもヒントはたくさんあります。

興味がある業界、会社について徹底的に調べましょう。業界のリーディングカンパニーはどこなのか。その会社がどういった戦略で市場を攻めているのか。二番目の会社はどこで、一番目の会社とどう違った戦略を取ろうとしているのか。

企業ごとの高度な戦略を考えることで、社会に対する知識は深まっていきます。
そういった業界を知ることが、自分の活躍できそうな場所を探す手助けになります。

5、良質な本と出合おう


インターンは学生でありながら社会人の方と同じ環境でコミュニケーションを取れることが一つの魅力です。

しかし、より多くの考え方と出会う方法としては本を読むことが最も自分の価値観を豊かにさせてくれることです。

例えば一冊の本を紹介します。
この本の紹介文は以下のようなものです。

“■TED再生回数2000万回超、
スティーブ・ジョブズ、ジェフ・ベゾスらを押さえ、
世界ダントツ1位の著者による世界的ベストセラー、日本上陸!

「自分の『素質』は正確には『何』と『何』と『何』があるのか?」
「自分の『強み』を生かすにはどう働いていくべきか?」
など、個々人が自分では気づけない可能性に気づき、
人生を変える「行動」を起こすめの方法が満載されている。”

この本では「自分の才能と情熱が出会う場所」はどこかということを説いており、まさに自分の「強み」を考えるきっかけを与えてくれます。

才能を磨く ~自分の素質の生かし方、殺し方~

才能を磨く ~自分の素質の生かし方、殺し方~

ケン・ロビンソン、ルー・アロニカ

¥ 1,620


ちなみに、その2000万回以上再生されているというTEDの動画はこちらです。



まとめ



いかがでしょうか。

色々なアプローチがありますが、自分に合いそうなもの、これなら興味を持てそうだ、というのが見つかれば幸いです。

自分の強みを探すことは常に答えがない普遍的な問いですね。
見方を変えると、多くの先人たちも悩んだことがあるということ。

ぜひ、多くの先輩たちからの学びを活かして自分の強み探しに役立ててください。

このコラムへコメントする

この記事を読んだ方へおすすめの記事

ピックアップインターン求人