あなたのメールフォルダは大丈夫?大学生やインターン生にありがちなこと|インターンシップJAPAN

インターンシップJAPANコラム

  • 2015-07-20 10:00:00
  • インターン
  • 1053 view

あなたのメールフォルダは大丈夫?大学生やインターン生にありがちなこと

皆さんは、メールが来たらすぐに返信をする習慣があるでしょうか。場合によっては、すぐに返せないから時間をおいて返すといったこともあるかもしれません。しかし、就職活動やインターンをする場合は、「迅速にメールを返信すること」を心がけることが大切です。今回は、なぜすぐにメールを返すべきなのか、その理由をご紹介します。

社会人としての最低限のマナー

学生生活でのメール連絡は、友人や気心のしれた人々とのものが多いかもしれません。その場合、多少返信が遅れても、問題がないケースがほとんどです。
しかし、社会人にとって、メールの返信が遅いということは、致命的な問題につながる可能性があります。遊びの約束であれば前日に返信をしても問題はありませんが、大切な会議や面接の予定であれば、できる限り早くスケジューリングをしなければ多くの人に迷惑がかかってしまいます。
社会人というのは、常に他の人との相互的な作業で成り立っている仕事が多いため、メールを早く返さないことによって、迷惑を被る人が出てきてしまうケースが多いのです。
そのため、メールをすみやかに返信することは社会人の最低限のマナーといえます。
インターン時や就職活動などで、先方へのメール返信が遅いと、社会人としてのマナーができていないということで悪い印象を抱かれてしまう可能性があります。
 

メールのレスポンスの早さで印象アップ

一方で、メールのレスポンスが早いことで、先方に良い印象を抱いてもらうことができるケースもあります。インターンは、企業の担当者にとっても多くの学生に連絡をしてスケジューリングをしていくため、一人一人のレスポンスが遅いと、その他の仕事にも支障が出てきてしまいます。
そのため、インターンなどの連絡がきた場合は、すみやかに返信することで、担当者の負担も軽減され、あなた自身の印象もアップすることになるでしょう。
また、ただ早く返信するというだけではなく、わかりやすく簡潔に、伝わりやすい文面を意識するだけでも、相手にとってはとても仕事がしやすくなります。
主語を抜かさない、答えは簡潔に、結論は最初に伝えるなどといった最低限のルールを守りながら、できる限り早くメールを返すことを心がけましょう。
 
いかがでしたでしょうか。メールの返信ひとつでも、先方の会社に対して良い印象を与えたり、悪い印象を与えてしまったりします。また、メールの返信が早く、内容も明確であると、それだけであなたの能力が高いということも伝わります。社会人の第一歩として、メールの返信は早く返すことを心がけることが大切です。

このコラムへコメントする

この記事を読んだ方へおすすめの記事

ピックアップインターン求人